LOG IN

母ちゃん、転ぶ。/生後138日目

by ナツカエキゾティカ
おばんですーやっはー

訳あって、寝不足だったんですよ。
その上その訳ってやつのせいで前夜から頭ぐるぐるしていて、ぼんやりしていて、全体的に絶不調だったのです。

でも先週から予定していた託児所の見学があったので、抱っこ紐におそとちゃん入れて、ふらふら出かけたんですけども。

駅まで行く途中の青梅街道を渡ろうとしたところで何かに足を取られ、転倒。

とっさに左手で抱っこ紐のおそとちゃんをおさえたのでおそとちゃんは無事。
でも基本的に運動神経が皆無なので、残りの手で身体を支えきれず、右膝からスライドするように着地。
履いていた、買ったばかりのユニクロのパンツの膝部分はビリビリに破け、後で見たら擦り剥けて軽く流血しておりました。

その頃抱っこ紐の中でスヤスヤ寝ていたおそとちゃんは、転んだ衝撃にも全く動じず「…ん?いま揺れました?…まぁいいかぁ…ムニャムニャ…」みたいな感じで再び寝入るという大物っぷりを見せつけてくれました

そんなわけですっかり出かけるパワーがなくなりまして、託児所の見学は延期し、そのまま半ベソかいてヨロヨロ帰宅。

そんなことがあったなんて全然知りませんでしたよ〜ウフフ〜

そとそも昨夜寝不足になった理由というのが、件の東京デザインウィークの火災の件をニュースで見聞きし、亡くなったお子さんがおそとちゃんと重なってしまい…というのが原因でして。

この投稿のメンションにぶら下げて続き書いてあるのですが(間違えてデザインフェスタって書いちゃってるのも後で東京デザインウィークって訂正してますスミマセン)
この事故に対してもその映像撮ってTwitterに載せていた人にも言いたい事は山ほどあるんだけど、とにかく今は亡くなったお子さんのご冥福と、子供をこんな痛ましい事故で亡くしたご両親の心に少しでも平穏が戻るようにと、ただ祈るばかりで。

それとともに、やっぱりこういった事故に巻き込まれないようにしたい、おそとちゃんにはしっかり楽しく長生きしてもらいたい、だから私たちはおそとちゃんを全力で守ろう、そう思うわけです。

それなのに。
そう心に誓った翌朝に、私という人間は、大通りに出たところで激しく転ぶわけですよ。
自己嫌悪もいいとこですよ。

真剣に遊んでるところを隠し撮り

もし、しっかりとした抱っこ紐じゃなくて簡易的なスリングとかを使っている日だったら、転んだ拍子におそとちゃんが頭からアスファルトに落ちていたかもしれない。

もし両手に荷物を持っていたら、手で身体を支えられずおそとちゃんがいる胸のところから倒れていたかもしれない。

もし倒れた際にたまたま信号無視の車がいたら。ロードバイクが突っ込んできたら。

「もしも」を考えれば考えるほど恐ろしくなってしまって。
本当に、パンツが破けて膝から血が出て右手のひらも少し擦りむいた…だけで済んだのは、全て、不幸中の幸いなのだ、と。

愛しくてたまらないおそとちゃんを守るには何よりもまず私がしっかりしていないといけない、という当たり前のことを、改めてガツンと突きつけられたような気がした出来事でございました…。

猛省中。
そして膝が痛い。うぅ。

引っ張るときらきら星が流れるレバーをフリーハンドであぐあぐ噛むという新しい遊び(当然音は鳴らない)

ところで当のおそとちゃんは今日はなんだか上機嫌でしたよ。
1人で楽しそうに遊んでは、時々こちらに向かって嬉しそうに何か話しかけてきてました。
明日もご機嫌だといいねぇ。

LINE it!

ナツカエキゾティカ
OTHER SNAPS